ゴルフと温泉が好きな方にはダイヤモンドソサエティがおすすめ

ワンランク上のソサエティを紹介します。 ダイヤモンドソサエティ(代表取締役、宗澤 政宏)という比較的新しくできたソサエティなんですが、一体どんな特長があるのでしょうか?一口で表現すれば国内のリゾートホテルを共同で快適に利用するソサエティなんです。 ゴルフ場と提携しているホテルと国内有名温泉地区のホテルの二種類があります。 中にはゴルフが出来て、そのあと温泉旅情が楽しめるようなホテルも数多くあります。 まさに、ゴルフと温泉をこよなく愛するあなたには、超おすすめのワンランク上のソサエティなんです。 会員になる方法なんですが、会員権を購入してどこかひとつのリゾートホテルのオーナーとなります。 複数のオーナーでそのホテルを経営するのですが、オーナーには特典があります。 1年前からお部屋の予約が出来るんです。 これなら繁忙期の盆やお正月のシーズンだって予約が取れること請け合いなんです。 ご自身がオーナー権を持たない他のたくさんのホテルでも、6ヵ月前から予約出来るシステムもあります。 オーナーは若干の管理費(年会費)を支払わなければなりません。 年間管理費はホテルにより48,000円〜80,000円となっていますが、この他固定資産税約10,000円が徴収される仕組みなんです。 この金額なら、何度もホテルを利用出来る退職者ならば、すぐに元が取り戻せますね。 団塊の世代は来年、昭和24年生まれが65歳となります。 これを機に退職する人たちが多いのではないでしょうか。 退職後はお酒、麻雀よりもリゾートライフが良いです。